人物年表  アドルフ・ヒトラー
 

イデア-idea-  日本史年表  

西暦
月日 満年齢 出来事
1889
1890
1891
1892
1893
1894
1895
1896
1897

1898
4月20日





6月




0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳

9歳
・オーストリア・ドイツ国境のブラウナウに生まれる


・一家でパッサウ市へ転居

・オーストリア領内・リンツ市に移住
・父・アロイスがランバッハ市の郊外で農業を始める

・父の農業が失敗に終わりランバッハ市内に定住
・ベネディクト修道会系の初等学校に転校(聖堂の彫刻にスワスチカが使われていた)
・リンツ市に再移住
1899
1900
1901
1902
1903
1904
1905
1906
1907

1908






1月3日




12月
2月

9月
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳

19歳



・弟・エドムントが死去
・(父との関係悪化からドイツ民族主義・大ドイツ主義に傾倒していく)

・父・アロイスが病死、工業学校を退校処分となる
・シュタイアー市の中等学校(レアルシューレ)に再入学
・病気療養を理由に二度目の退校

・ウィーン美術アカデミーを受験するが不合格
・母・クララが死去
・ウィーンに移住しアウグスト・クビツェクと共同生活を始める
・アカデミーを再度受験するが再び失敗
・クビツェクの前から突然姿を消す
1909
1910
1911
1912
1913
1914


1915
1916
1917
1918


11月




1月18日






10月15日
11月
20歳
21歳
22歳
23歳
24歳
25歳


26歳
27歳
28歳
29歳


・浮浪者収容所に入り、公営の独身者寄宿舎に移り住む

・義姉アンゲラから訴訟を起こされ孤児恩給を放棄

・オーストリア=ハンガリー帝国の兵役を逃れるためミュンヘンに移住
・オーストリア当局に逮捕され本国に送還される
・検査で不適格と判定され兵役を免除される
・第一次世界大戦が勃発し一転して軍に志願、バイエルン王国第16予備歩兵連隊に入営

・ソンムの戦いで脚の付け根にケガを負い入院

・一級鉄十字章を受勲
・敵軍のマスタードガス攻撃に巻き込まれ一時的に視力を失う
・第一次世界大戦がドイツの降伏で終結し激しく動揺、超自然的な幻影を見て視力を回復
1919






1920
1921

1922
1923


1924
1925

1926
1927
1928
2月16日
4月15日


7月

9月12日
2月24日
7月29日


11月8日
11月9日
11月11日
4月1日
2月27日
7月18日
2月24日

5月20日
30歳






31歳
32歳

33歳
34歳


35歳
36歳

37歳
38歳
39歳
・ミュンヘンのレーテに入る
・バイエルン・ソビエト共和国で大隊の評議員に立候補し当選
・バイエルン・ソビエトがドイツ共和国(ヴァイマル政権)から独立
・ヴァイマル共和国軍が進軍し、ヒトラーはスパイとしてスカウトされる
・ヴァイマル共和国軍の軍属情報員として登録される
・ドイツ労働者党・党首のアントン・ドレクスラーの反ユダヤ主義、反資本主義の演説に感銘を受ける
・ドレクスラーがヒトラーを55人目の党員に加える
・党名をドイツ国家社会主義労働者党(NSDAP・蔑称ナチス)へと改名
・党内の分派闘争で一時的にドレクスラーから党を追放される
・党執行部のクーデターによりドレクスラーは名誉議長として実権を奪われ、ヒトラーが第一議長に指名される

・ドイツ闘争連盟を率いて演説中のカール総督の身柄を拘束
・ルーデンドルフ将軍とドイツ闘争連盟を率いミュンヘン中心部へ行進
・バイエルン州警察に逮捕される
・要塞禁錮5年の判決を受けランツベルク要塞刑務所に収容される
・禁止解除によりナチ党が再建される
・「我が闘争」第一巻が発売される
・バンベルク会議によってヒトラーの指導者原理による党内独裁体制が確立

・ナチ党として初の国会議員選挙、12人が当選
1929
1930
1931
1932


1933






1934




1935

1936


1937

1938



9月18日
2月25日
7月
11月
1月30日
2月1日
2月27日
2月28日
3月5日
3月24日
7月14日
6月30日
8月2日


8月19日
1月22日
3月16日
3月7日
8月
11月
4月26日
11月6日
3月
9月29日
40歳
41歳
42歳
43歳


44歳






45歳




46歳

47歳


48歳

49歳

・世界恐慌によりドイツでは街に大量の失業者が溢れかえる
・国会選挙で社会民主党(得票率24.5%)に次ぐ第2党(得票率18%)に躍進
・溺愛していた姪のゲリ・ラウバルが自殺
・ドイツ国籍を取得、大統領選に出馬し得票率30%の2位となる
・国会議員選挙でナチ党の得票率が37.8%となり、社会民主党を抜いて国会第1党となる
・ドイツ国会選挙で得票率が33.1%となるが第1党の地位は確保
・ヒトラー内閣が発足
・議会を解散、国会議員選挙を3月5日に決定する
・国会議事堂放火事件が起こり、共産主義者の逮捕を始める
・ヒンデンブルク大統領に基本的人権条項を停止させる
・国会議員選挙で45%の288議席をナチスが獲得
・国家人民党と中央党の協力を得て全権委任法を可決させる(議会と大統領の権力を形骸化)
・ナチ党以外の政党を禁止
・「長いナイフの夜」で党内外の政敵を非合法手段で粛清
・ヒンデンブルク大統領が在任のまま死去
・「ドイツ国および国民の国家元首に関する法律」を発効
・指導者兼首相であるアドルフ・ヒトラー個人に大統領の職能を移す
・民族投票で約90%の支持率を得て国家や法の上に立つ指導者「総統」となる
・公文書・私文書の末尾に「ハイル・ヒトラー」と記載することが義務付けられる
・ドイツ再軍備宣言
・ラインラント進駐
・ベルリンオリンピックを開催
・日独防共協定が締結される
・ドイツ空軍「コンドル軍団」によるゲルニカ空爆
・日独伊防共協定が締結される
・オーストリア併合
・英仏伊の首脳を招きミュンヘン会談を行う
1939




1940





1941






1942
1943




1944




1945












3月15日
3月23日
8月23日
9月1日
9月3日

5月10日
6月21日
7月30日
8月30日
10月22日

6月22日

8月
12月8日
12月11日
12月19日

1月31日
7月5日
7月25日
9月8日
9月12日
6月6日
7月20日
8月
11月20日
12月
1月
3月
3月

3月19日
4月16日
4月20日
4月22日
4月29日


4月30日

50歳




51歳





52歳






53歳
54歳




55歳




56歳












・チェコスロバキア併合
・リトアニア政府にメーメルを割譲させる
・独ソ不可侵条約を締結
・ポーランド侵攻を開始
・イギリスとフランスがドイツへ宣戦布告(第二次世界大戦が開始)
・デンマークとノルウェーを占領
・岩上の巣と呼ばれる前線指揮所に移りフランス侵攻への指揮をとる(総統大本営)
・フランス代表との降伏調印式に出席
・対ソ連戦の準備を軍首脳に命じる
・ウィーン裁定でハンガリー、ルーマニア、ブルガリアの領土問題を調停
・スペインの独裁者フランシスコ・フランコと会談するが不調に終わる
・ユーゴスラビア侵攻、ギリシアを占領してバルカン半島を制圧
・バルバロッサ作戦が発動され、ドイツ軍がソ連に侵攻を開始
・東プロイセンに置かれた「ヴォルフスシャンツェ(狼の巣)」に移る
・再度モスクワ進撃を命令する
・日本海軍がハワイオアフ島の真珠湾攻撃を行う
・対アメリカ参戦に踏み切る
・自ら陸軍総司令官を兼任しドイツ軍の後退を厳禁する
・ブラウ作戦(青作戦)を命じる
・パウルス元帥がソ連に降伏し、ヒトラーが激怒する
・クルスクの戦い
・イタリアでムッソリーニが失脚
・イタリアのバドリオ政権が休戦発表で降伏
・特殊部隊によるグラン・サッソ襲撃でムッソリーニを救出、イタリア社会共和国を成立させる
・ノルマンディー上陸作戦
・ヒトラー暗殺未遂事件が起こるが、奇跡的に軽傷で済む
・連合国がパリに迫りコルティッツ大将がパリを明け渡す
・声帯ポリープの手術のためベルリンの総統官邸に移る
・「ラインの守り」作戦、バルジの戦い
・ソ連軍がヴィスワ=オーデル攻勢を開始
・米英軍がライン川を突破
・春の目覚め作戦を行うが失敗
・この頃から総統地下壕に籠りきりとなる
・ネロ指令を発し国内生産施設の破壊を命ずるが、シュペーア軍需大臣がこれを無視
・ソ連軍がベルリン作戦を発動、ベルリンの戦い
・総統誕生日に軍とナチス高官が総統官邸に集まる
・「戦争は負けだ」と語り、ベルリンで死ぬと宣言
・親衛隊全国指導者ヒムラーがヒトラーの許可なく英米に対し降伏を申し出る
・自殺を覚悟し、遺書の口述を行う
・大統領兼国防最高司令官職にデーニッツ海軍元帥、首相に宣伝相ゲッペルス、ナチ担当大臣にボルマンを指名
・長年の恋人・エヴァ・ブラウンと結婚式を挙げる
・総統地下壕の自室で拳銃自殺、妻・エヴァは毒を仰いだ



Copyright (C) 2014-2020 Youce Corporation. All Rights Reserved.