人物年表  吉田 茂
 
日本史年表 / エリア情報  

西暦
年号
月日 満年齢 出来事
1878
1879
1880
1881
1882
1883
1884
1885
1886
1887
明治
明治
明治
明治
明治
明治
明治
明治
明治
明治
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
9月22日


8月






0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
9歳
・竹内綱の五男として東京神田駿河台に生まれる


・横浜の貿易商・吉田健三の養子となる






1888
1889
1890
1891
1892
1893
1894

1895

1896


1897
明治
明治
明治
明治
明治
明治
明治

明治

明治


明治
21
22
23
24
25
26
27

28

29


30

2月




4月
9月
9月
11月
3月
9月
10月
10月
10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳

17歳

18歳


19歳
・戸太町立太田学校(後の横浜市立太田小学校)卒業
・寄宿生私立中学耕余義塾入学、養父・健三が死去し莫大な遺産を相続する




・耕余義塾卒業
・日本中学校(後の日本学園)入学
・高等商業学校(後の一橋大学)入学
・高等商業学校(後の一橋大学)退校
・正則尋常中学校(後の正則高等学校)卒業
・東京物理学校(東京理科大学)入学(後に中退)
・慶応義塾入学(後に中退)
・学習院高等学校入学
1898
1899
1900
1901

1902
1903
1904

1905
1906


1907
明治
明治
明治
明治

明治
明治
明治

明治
明治


明治
31
32
33
34

35
36
37

38
39


40



8月
9月


7月
9月

7月
9月
11月
2月
20歳
21歳
22歳
23歳

24歳
25歳
26歳

27歳
28歳


29歳



・学習院高等学校卒業
・学習院大学科入学


・翌年に学習院大学科閉鎖のため退校
・東京帝国大学法科大学入学

・東京帝国大学法科大学政治家卒業
・外交官・領事官試験合格、外務省入省
・領事官補として天津に赴任
・奉天領事館に赴任
1908
1909

1910
1911
1912
1913
1914
1915
1916
1917
明治
明治

明治
明治
大正
大正
大正
大正
大正
大正
41
42

43
44

2
3
4
5
6


12月


8月



8月
7月
30歳
31歳

32歳
33歳
34歳
35歳
36歳
37歳
38歳
39歳

・牧野伸顕の長女・雪子と結婚、ロンドンに赴任
・駐伊大使館附三等書記官


・安東領事



・在米大使館附二等書記官
・文書課長心得
1918
1919
1920
1921
1922
1923
1924
1925
1926
1927
大正
大正
大正
大正
大正
大正
大正
大正
昭和
昭和
7
8
9
10
11
12
13
14

2
2月
2月
5月

3月


10月


40歳
41歳
42歳
43歳
44歳
45歳
46歳
47歳
48歳
49歳
・済南領事
・パリ講和会議随員
・在英大使館附一等書記官

・天津総領事


・奉天総領事


1928

1929
1930
1931
1932
1933
1934
1935
1936
1937
昭和

昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
3

4
5
6
7
8
9
10
11
12
3月
7月

12月





4月

50歳

51歳
52歳
53歳
54歳
55歳
56歳
57歳
58歳
59歳
・外駐スウェーデン公使、高等官一等
・外務次官(田中義一内閣)

・駐伊大使





・駐英大使

1938
1939
1940
1941
1942
1943
1944
1945





1946




1947



昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和





昭和




昭和



13
14
15
16
17
18
19
20





21




22




3月





4月
6月
8月
9月17日
10月9日
12月19日
1月

5月22日
8月
11月3日
4月25日
5月3日
5月24日

60歳
61歳
62歳
63歳
64歳
65歳
66歳
67歳





68歳




69歳




・外務省退官





・近衛上奏文事件で憲兵隊に拘置
・釈放される
・第二次世界大戦終戦
・外務大臣(東久邇宮内閣)
・外務大臣留任(幣原内閣)
・貴族院議員に勅任
・終戦連結事務局総裁を外相と兼任、次長に白洲次郎を起用
・自由党総裁・鳩山一郎の公職追放に伴い後任総裁への就任を受託
・内閣総理大臣(第一次吉田内閣)兼外務大臣(大日本帝国憲法下での最後の首相)
・日本自由党総裁
・日本国憲法公布
・総選挙に旧高知全県区から出馬し初当選
・日本国憲法施行
・内閣総辞職(日本自由党が日本社会党に第一党を奪われたため)
・片山内閣(日本社会党)が発足
1948


1949

1950

1951


1952


1953

1954
1955
1956
1957
昭和


昭和

昭和

昭和


昭和


昭和

昭和
昭和
昭和
昭和
23


24

25

26


27


28

29
30
31
32
3月
10月7日
10月15日
1月23日
2月16日
3月
6月28日
7月4日
9月8日
12月26日
8月1日
10月1日
10月30日
4月19日
5月21日
12月
2月27日


70歳


71歳

72歳

73歳


74歳


75歳

76歳
77歳
78歳
79歳
・民主自由党総裁
・芦田内閣(民主党)が総辞職(昭電疑獄)
・内閣総理大臣(第二次吉田内閣)兼外務大臣
・総選挙で2回目の当選
・内閣総理大臣(第三次吉田内閣)兼外務大臣
・自由党総裁
・内閣総理大臣(第三次吉田内閣・第一次改造内閣)兼外務大臣
・内閣総理大臣(第三次吉田内閣・第二次改造内閣)兼外務大臣
・サンフランシスコ平和条約締結
・内閣総理大臣(第三次吉田内閣・第三次改造内閣)兼外務大臣
・保安庁発足、長官を兼任
・総選挙で3回目の当選
・内閣総理大臣(第四次吉田内閣)
・総選挙で4回目の当選
・内閣総理大臣(第五次吉田内閣)
・内閣総辞職(造船疑獄などの影響)、自由党総裁を辞任
・総選挙で5回目の当選


1958
1959
1960
1961
1962
1963


1964
1965
1966
1967

昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和


昭和
昭和
昭和
昭和

33
34
35
36
37
38


39
40
41
42

5月22日

11月20日


2月
10月14日
10月24日
4月


10月20日
10月31日
80歳
81歳
82歳
83歳
84歳
85歳


86歳
87歳
88歳
89歳

・総選挙で6回目の当選

・総選挙で7回目の当選

・皇學館大學総長就任
・池田総理の特使として台湾訪問(親善関係修復)
・次期総選挙への不出馬を表明
・衆議院解散に伴い政界を引退
・マッカーサーの国葬に参列


・神奈川県大磯の私邸で死去
・国葬(戦後唯一)
 
 
 


-このサイトに関するご意見・お問合はこちらまで-
記録などのデータ記載は万全を期しておりますが、万一誤りがあった場合は大変お手数ですがご指摘頂けると幸いです

Copyright (C) 2013 Youce Corporation. All Rights Reserved.