人物年表  田中角栄
 
日本史年表 / エリア情報  

西暦
年号
月日 満年齢 出来事
1918
1919
1920
1921
1922
1923
1924
1925
1926
1927
大正
大正
大正
大正
大正
大正
大正
大正
昭和
昭和
7
8
9
10
11
12
13
14

2
5月4日









0歳
1歳
2歳
3歳
4歳
5歳
6歳
7歳
8歳
9歳
・新潟県 現・柏崎市に生まれる









1928
1929
1930
1931
1932
1933
1934
1935
1936
1937
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12






3月

3月

10歳
11歳
12歳
13歳
14歳
15歳
16歳
17歳
18歳
19歳





・二田高等小学校を卒業
・上京、住み込みで働きながら中央工学校土木科の夜間部に通う

・中央工学校土木科を卒業、建築技師として自活
・共栄建築事務所を設立する
1938
1939
1940
1941

1942

1943
1944
1945
1946
1947

昭和
昭和
昭和
昭和

昭和

昭和
昭和
昭和
昭和
昭和

13
14
15
16

17

18
19
20
21
22




2月
10月
3月
11月
12月
1月
8月
4月
4月
9月
20歳
21歳
22歳
23歳

24歳

25歳
26歳
27歳
28歳
29歳


・応召、満州で兵役に就く
・陸軍騎兵上等兵となる
・肺炎を患い内地へ帰還
・治癒とともに除隊、東京・飯田橋で田中建築事務所を開設
・事務所の家主の娘、坂本はなと結婚
・長男・正法が誕生
・田中土建工業を設立、理研工業などの仕事で急成長
・長女・眞紀子が誕生
・第二次世界大戦の日本の敗戦で滞在先の朝鮮半島から引き揚げる
・進歩党公認で第22回衆議院総選挙に出馬するが次点で落選
・第23回総選挙で新潟3区から民主党公認で出馬し当選
・長男・正法が死去
1948


1949
1950
1951
1952

1953
1954
1955

1956
1957
昭和


昭和
昭和
昭和
昭和

昭和
昭和
昭和

昭和
昭和
23


24
25
26
27

28
29
30

31
32
5月
10月
12月
1月23日
4月
6月
6月
11月
4月
5月
3月
11月

7月
30歳


31歳
32歳
33歳
34歳

35歳
36歳
37歳

38歳
39歳
・民主自由党へ参加
・第二次吉田内閣の法務政務次官に就任
・炭鉱国管疑獄により逮捕
・第24回総選挙に獄中から立候補し再選される
・建築士法案を提出
・炭鉱国管疑獄の無罪が確定
・議員立法により新道路法成立
・長岡鉄道(現・越後交通)の社長に就任、田中土建工業は閉鎖
・中央工学校の校長に就任(1972年に退任)
・自由党副幹事長に就任、佐藤栄作との関係が深くなる
・衆議院商工委員長に就任
・自由民主党の結党に参加

・第一次岸改造内閣で郵政大臣に就任(戦後初の三十代の大臣)
1958
1959
1960
1961
1962
1963
1964
1965
1966

1967
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和

昭和
33
34
35
36
37
38
39
40
41

42



7月
7月


6月
6月
12月

40歳
41歳
42歳
43歳
44歳
45歳
46歳
47歳
48歳

49歳



・自由民主党政務調査会長に就任
・第二次池田内閣で大蔵大臣に就任


・大蔵大臣を辞任し、自由民主党・幹事長に就任
・社・日本空手協会会長に就任
・幹事長を辞任

1968

1969
1970
1971

1972






1973





1974




1975
1976




1977
昭和

昭和
昭和
昭和

昭和






昭和





昭和




昭和
昭和




昭和
43

44
45
46

47






48





49




50
51




52
5月
11月
4月

7月
10月
5月
6月
7月5日
7月6日
9月
9月29日
12月
5月
8月
9月
10月
10月16日
11月
1月
7月
10月
11月
12月9日

2月
7月27日

8月
12月

50歳

51歳
52歳
53歳

54歳






55歳





56歳




57歳
58歳




59歳
・自民党・都市政策調査会長として「都市政策大綱」を発表
・幹事長に復帰
・長女・眞紀子が直紀と結婚、直紀は田中姓を名乗る

・第三次佐藤改造内閣で通商産業大臣に就任
・日米繊維交渉が決着
・佐藤派から田中派が分離独立
・「日本列島改造論」を発表
・佐藤派の福田赳夫を破り自由民主党総裁に就任
・第一次田中内閣が成立
・日米首脳会談後に中華人民共和国を訪問、北京で毛沢東首席、周恩来首相と会談
・日中国交正常化を実現、中華民国は対日国交断絶を発表
・第33回総選挙、自民党議席減、日本共産党が躍進
・小選挙区制導入を提案するが、撤回に追い込まれる
・金大中事件が発生
・西ヨーロッパを訪問
・ソビエト連邦訪問、日ソ共同声明を発表
・第四次中東戦争により第一次オイルショックが発生
・内閣改造、電源開発促進法等で柏崎刈羽原発へ補助金を充てる
・東南アジア訪問、ジャカルタで反日デモに遭遇する
・参議院選挙で大敗
・月刊誌「文藝春秋」に立花隆が「田中角栄研究」を発表し金脈問題を追及する
・内閣総辞職を表明、フォード米大統領が来日
・内閣総辞職、椎名裁定により三木内閣が発足

・ロッキード事件が発生
・5億円の受託収賄罪と外国為替・外国貿易管理法違反容疑で逮捕される
・自民党離党、以後無所属に
・保釈
・第34回総選挙、自身はトップ当選するが自民党が大敗、三木内閣総辞職で福田内閣が発足

1978
1979
1980
1981
1982
1983


1984
1985




1986
1987



昭和
昭和
昭和
昭和
昭和
昭和


昭和
昭和




昭和
昭和



53
54
55
56
57
58


59
60




61
62



12月
10月
6月

11月
10月
12月


2月7日
2月27日
6月
9月
10月
7月
7月4日
7月29日
10月
11月
60歳
61歳
62歳
63歳
64歳
65歳


66歳
67歳




68歳
69歳



・田中が強く支持し第一次大平内閣が発足
・第35回総選挙、自身はトップ当選するが、自民党は大敗、四十日抗争で党分裂の危機
・第36回総選挙、自身はトップ当選、自民党も圧勝、鈴木内閣が発足

・田中の全面的な支持を受けた第一次中曽根内閣が発足
・ロッキード事件の一審判決、懲役4年、追徴金5億の実刑判決で即日控訴
・第37回総選挙、自身は圧倒的支持で当選するが、自民党は大敗、田中批判で立候補した野坂昭如も落選
・一連の流れを受け、中曽根総裁が「いわゆる田中氏の政治的影響を一切排除する」と声明を発表

・創政会が発足
・脳梗塞で倒れ入院、言語障害などが残り、以降の政治活動は不可能に
・田中事務所が閉鎖
・ロッキード事件控訴審開始、本人は欠席
・関越自動車道が全線開通
・第38回総選挙、トップ当選も越山会などの支持者のみが活動
・竹下登が経世会を旗揚げ、田中派の大半が参加
・ロッキード事件の控訴審判決、東京高裁は一審判決を支持、即日上告
・竹下が田中邸を訪問、眞紀子に門前払いされるが、後に皇民党事件として表面化
・竹下内閣が発足
1988
1989
1990
1991
1992

1993

昭和
平成
平成
平成
平成

平成

63

2
3
4

5


10月
1月24日

8月
12月
7月
12月16日
70歳
71歳
72歳
73歳
74歳

75歳


・娘婿の直紀が出馬、角栄は不出馬を発表
・政界引退(当選16回)、越山会も解散

・中国訪問、眞紀子らが同行
・経世会が分裂
・第40回総選挙、眞紀子が新潟3区から無所属で初当選、自民党は下野し、細川連立内閣が発足
・死去
   最高裁が田中の5億円収受を認定(首相の犯罪・1995年2月)
 
 
 


-このサイトに関するご意見・お問合はこちらまで-
記録などのデータ記載は万全を期しておりますが、万一誤りがあった場合は大変お手数ですがご指摘頂けると幸いです

Copyright (C) 2013 Youce Corporation. All Rights Reserved.